カラフル 放課後等デイサービス・日中一時支援

日常生活で困難を感じることの多いADHDの方々が、ワーキングメモリの低さや注意散漫さを克服するための効果的なツールをご紹介します。

ワーキングメモリとは?

ワーキングメモリとは、短期間で情報を保持しながら、他の認知作業を行う能力を指します。たとえば、電話番号を覚えながらダイヤルする、指示を聞きながら作業を進めるなどの場面で活躍します。この能力が低いと、日常生活や学業、仕事において様々な困難を感じることがあります。

サポート方法とツール

ワーキングメモリをサポートするための方法やツールについていくつか紹介します。

1. 視覚的な支援

ツール:視覚スケジュール
タスクや予定を視覚的に表示することで、頭の中で情報を整理する負担を軽減できます。アプリやホワイトボードを使って、毎日のスケジュールを可視化することが効果的です 。

2. リマインダーの活用

ツール:スマートフォンのリマインダー
スマートフォンのリマインダー機能を活用して、重要なタスクや約束を忘れないように設定しましょう。アラーム機能も併用するとより効果的です 。

3. メモとノート

ツール:デジタルメモアプリ
OneNoteやEvernote、Google Keepなどのデジタルメモアプリを利用して、日々の情報やアイデアをすぐに記録しましょう。手書きのメモも良いですが、デジタルアプリなら検索機能があるため、過去のメモを簡単に探し出すことができます 。

4. ゲームを通じたトレーニング

ツール:脳トレゲーム
ワーキングメモリを鍛えるためのゲームやアプリ(例:LumosityやCogmed)を活用すると、楽しく継続的にトレーニングできます。これにより、ワーキングメモリの機能を向上させることができます 。

ワーキングメモリを鍛える方法

ワーキングメモリは、適切なトレーニングを通じて改善することが可能です。以下に、ワーキングメモリを鍛えるための具体的な方法を紹介します。

1. チャンク化

情報を小さな塊(チャンク)に分けて整理すると、一度に覚えやすくなります。例えば、電話番号を3桁ごとに区切って覚えるなどの方法です 。

2. リハーサル

繰り返し練習することで、短期記憶にとどまる情報を長期記憶に移行させることができます。これは、特に学生の勉強に有効です 。

3. 瞑想とマインドフルネス

瞑想やマインドフルネスは、注意力を向上させ、ワーキングメモリの機能を高める効果があります。毎日数分の瞑想を取り入れることで、集中力を持続しやすくなります 。

まとめ

ワーキングメモリは、日常生活の多くの場面で重要な役割を果たします。ワーキングメモリが低い場合でも、適切なツールやトレーニングを活用することで、機能を向上させることが可能です。自分に合った方法を見つけ、日常生活をより快適に過ごせるように取り組んでみましょう!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP